Free Talk(8/19)
これからのライヴ活動等について


東京での3Daysライヴが無事終了しました。僕の個人的意見として3Daysでの開催などに疑問を感じる部分はありますが行く事が出来た2日間本当に楽しい時間を過ごせました。ライヴについてはセットリストを含めて改めてレポートを掲載しますのでしばらくお待ち下さい。

さて、ライヴの内容(と言うよりも公演中の石川さんの発言について)メーリングリストでも多く投稿を頂いてますしそれについてはBBSでも議論されています。今回は、この事について自分なりの考えを書きたいと思います。

まず、通常ライヴのアンコールもしくは最後に「Just Only Love」が歌われ盛り上がりが最高潮に達します。この中で歌い出しが大体「今年もー、たくさん会おうね」などという歌詞で始まります。これについてそれっきり会えなかった事も多いし。。。と言う意見もよせられました。その他にライヴなどで石川さんがコメントされる「今後の予定」などもなかなかそのとおりに行かない事もあります。

確かにこれは事実です。特にツアーで回る東京以外の土地になるともっと会う機会は減ってしまいます。 みなさんはもちろんこれが石川さんやスタッフが努力した結果である事は理解されていると思います。ライヴを行うためには日程の問題、会場の問題、メンバーの問題、、、いろいろな障害があって「この時期にやりたい!」と思っていても一筋縄ではいかないのではと想像できます。

僕はライヴの時にこのフレーズを聴いて心の底からうれしい反面、ふと我に帰った瞬間、またライヴの余韻が冷めた後に「ホンマかいな」と思う事が最近は多くなってきました。しかし、はっきり言えるのは予定が決まっていようと決まってなかろうと「会いたい」と思ってくれる石川さんに僕はいつも感謝している事です。そして、会えるかどうか分からないからと、このフレーズがなくなったり「Just Only Love」を歌わなくなる事態になる事があればものすごく残念なのです。



また、MCの時に石川さん自身がライヴハウスで育ったアーティストと言う事もあり、レコード店でのインストアライヴやストリート系のアーティストとジョイントしたイベントへの出演などに疑問を感じており、そういったイベントではなく今後は全国をスタッフとバスで回って。。。と言うようなライヴ活動を出来る限り多くやりたいという内容の話しがありました。

僕はこれについてはこれまでの活動を通じての石川さんの考えで、プロミュージシャンとしてのプライドに基づいたものだと思うので、これについてはしっかりと見守るしかないと思います。 ただ、(そういったイベントに行った事はほとんどないのですが)上に書いたようなイベントの場合客席・そして石川さんの盛り上がりもイマイチなところもあるので、そういった考えも確かに一理あるなぁとは思います。また、「Just Only Love」の方でも書いたようにしかし、こういったイベントも時に重要な活動となるので、やはりすべてに出演しない訳には行かないと思います。そして、そのような考えで多くのファンが石川さんの音楽に触れる事が出来るような活動を出来るのならばいいと思います。



なかなか石川さんに会えない時間が長かった事もあって僕も疑心暗鬼になる部分もあります。しかし、今回は僕の住む大阪でもイベントが予定させていますし、いろいろな活動予定が最近はスムーズにこなされていると思いますので、だんだん満足出来る状態になってきていると思います。また、RADIO BOOMERで企画されている旅ラジオのスケジュールなども考えると精力的にキャンペーンなどにも回られると思うし、石川さんの言っていた「少しでも多くの街へ」と言う面は果たせるかも。。。と思います。
また、まだまだ具体的なツアー日程が見えなかったり、ライヴ会場に思うように人が集まらなくなりつつあるという問題点もありますが、いろいろなメディアでのPR不足もあると思いますし、ラジオ・アルバムなどの活動効果でこれも好転するのではと期待しています。
うだうだと長く固い事を書いてきましたが(^^;;;、僕は自分の街に限らず出来る限りライヴ・イベントに行って石川さんを楽しみたいなぁと言う気持ちに変わりはありません。なかなか考えをうまく表現できずに中途半端な意見になったかも知れません。いろいろな意見がありましたらこれからも率直に交換していきたいです。(^^)

読んで頂いてありがとうございました!


Free Talkメインに戻る

Copyright(c) 1996 Kenji"SUNMASEN"Y. All rights reserved.