Free Talk(10/31)
アニキのラジオ


一ヶ月以上ぶりのFree Talkになってしまいました(笑)
いろいろ書く事はあったのですが、時期を失ったりして遅れてしまいました。最近、他のアーティストのファンが作るホームページを見たのですが、このような失礼なコーナーがあるホームページは皆無でした(笑) そういう意味ではファンサイトっぽくなくて申し訳ないなと思ってます(笑)
前置きはこのくらいにして、、、今回はラジオの事について書きたいと思います。

前から思うのですが、石川よしひろのファンはラジオを本当にしっかり聴いていますね。何年も前の事でも、ほんの些細な事まで覚えている。そして、懐かしくなってついつい会話がはずんでしまう(笑) これが石川よしひろのラジオのすごさです。ただ、気になるのはしっかり聴くあまりにいろいろな発言やネタを真剣に捉え過ぎる人が多い事です。確かに、企画自体が悪かったり(笑)、石川さんの発言に勢いがつき過ぎた事も多々ありますが。。。


俺にとって、ライヴやラジオは現実から離れられる空間です。だから少し無謀に思える発言や宣言でも素直に聞き入れられるし、だきまくらが数個しか売れてない事も(爆笑)、素直に笑えるのだと思います。(ラジオのネタとしては最高だから)

後になって考えると無理がある事・笑えない事も多いけど、アニキが話す言葉の真意は伝わっています。自分も、以前はいろんな発言を信じ過ぎたりして疑心暗鬼になった事も多かったですが。。。


いろいろな意見が出たり、発言が物議を醸したりするのも編集や脚色の入らない「生」だからこそだと思います。でも、聴く側も言葉の真意を(深読みし過ぎずに)理解したり、ネタはネタとして楽しむ事が出来なければラジオの魅力は半減すると思います。


真剣な話しは真剣に語り、ネタやキャラ的なコーナーも真剣に楽しむところからおもしろいのだと思います。真剣だからこそ、このような問題が出てくるのかも知れません。そこもまた、「アニキのラジオ」のすごさかも知れませんね。


Free Talkメインに戻る

ご意見・ご感想お待ちしています。
Copyright(c) 1996 Kenji"SUNMASEN"Y. All rights reserved.